2013年11月15日金曜日

レターオープナーじゃないのです。


オカンの部屋にあったものをもらってきました。昨日のも。





コレ、手紙を開けるときのアレじゃないらしいのです。
親父に聞くと昔の田舎の人は皆 日本刀を持ってたらしいです。

で、その日本刀の鞘(さや)に更にコレが入ってたそうです。

このオープナーのケースの方は素材も色も違うので
後で作ったンヤローなーどんなケースやったんかなーと話してたのです。



が!

いつものタバコを吸いに庭にでてボーーーとしてると気付いたのです。

あ!コレ ケース無しやと。日本刀の鞘に入ってたということは
その鞘に直接この短刀?が入ってたやろと。

お互いが刀で切りあいつばぜり合いになっている時に
サクッとこの短刀で相手を刺す・・・っちゅーのが当たり前でないのか?

殺し殺されという場面で鞘から短刀を出して
更にその短刀ケースからこの短刀を出す・・・

完全にそのモタモタしてる間に切られます。殺されます。


っちゅー話をしたら、あーーー成程と。

こういうのを昔風の平和ボケっちゅーんでしょうか?
ちょっと違うんか?






柄(え)?部分。


見にくいですが屋形船が川を渡ってるのが彫られてます。
前に川、後に草?と波が描かれています。
左上には三日月です。










縦にしてみると


帽子を被った兵隊が直立してるように見えますが
少し考え過ぎかも知れないです。




























-----

ペーパーナイフとして使おう。

-----Ψ
























こういうのにかこまれた生活っていいな。
楽しい毎日になる。








5 件のコメント:

天才紳士 さんのコメント...

-

先日のタイの動画を観てたのです。
やーおもろいわーボクが。
皆さんは面白くないと思うかもしれないですが
少しだけ楽しみにしてください。

で、寝れないのです・・・
これから先の未来を考えると、、、

例えばこのブログもそう。
考えるとアレもコレもとナニがアレして
辛抱たまりません。

ブログやネットの世界はドシドシナニして行き
最終的には言葉さえ入らなくなるような気がします。
試験的にやってみたいことがあるので
アイフォーンに変えたら何します。(既にやってる人いるけど)

骨董、アンティークについても本格的に学びたい。
未来に向け過去に行くみたいな温故知新?

とりあえずワクワクがドキドキでナニして・・・

とりあえずアプしていこう。
この作業をどうにかする方法を考えないと・・・

あと2記事予め書いておいたのがあります。
その後に!
-

天才紳士 さんのコメント...

-

↑ グーグルな

-

天才紳士 さんのコメント...

-

↑ 和英・英和辞典な。新しい。

-

天才紳士 さんのコメント...

-

一休。

タイのほとんどの人がつけてるプラルクアンというお守りがあるんです。
露店で普通に売ってます。

が! ←超デカ文字

その中に何百万、何千万するものが埋もれてるんです。
マジで。普通に。

が! ←超超デカ文字

それを知る術を持たないボクは仕入れた価格に
幾らかの金額をプラスして何しないといけない。。。

もし知ってたら。。。

っチュー事を考えると眠れなくて寝れなくて。。。

修行行こうか?
向こうで1mくらいの素晴らしモノを向こうから送るみたいな作戦。
(マタネタ)

観光ビザって30日やったか?タイ
行って帰っていって帰って・・・

振込みはOK!
残念だがお香はアレかも?

-

天才紳士 さんのコメント...

-

↑ 骨董の記事のだからそうおもったのかなー?















んなこたーーーない。

-

コメントを投稿